2chとろける速報

2chまとめ記事の速報を分かりやすくまとめました

ゴミ収集人の年収は1000万円!

   

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/06/12(月) 19:44:22.04 ID:s7R/AzBL0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
筆者が在住しているニューヨークから一時帰国すると、日本の美化意識の高さに改めて驚かされる。
成田空港に降り立ち、向かったトイレで「ここで寝られるな」と思うくらいだ。
街中には、ゴミ箱がほとんど設置されていないにもかかわらず、1度に3,000人が横断することもある渋谷のスクランブル交差点にすら、空き缶1つ落ちていない。

 各自治体によって家庭ゴミまでもが管理され、「ゴミは朝の8時半までに出してください」と言われれば、寝坊して9時前に出すのさえも躊躇する。

中略

ニューヨークには、日本のような「ゴミ収集所」が存在しない。
ゴミの日に自分のアパートやオフィスの前にゴミ袋を置いておくと、それを収集車が1つひとつ回収しに来るのだ。
それゆえゴミの日には、歩道に黒い塊が長い列をなし、歩行者は、狭くなった歩道を圧迫感をもって歩くことになるのだが、
驚くべきことは、その歩道に積まれる黒いゴミの山の隣に、家具がドンと捨てられていることだ。

中略

こうしてニューヨーク市内から出される1日のゴミの量は約4万トン。1週間余りで、エンパイアステートビルと同じ質量のゴミが出されている計算になる。
しかし市は、自身のゴミ処理場を持っておらず、ほぼすべての一般ゴミを、トレーラーや鉄道、船を使って市外、州外、時には国外へ運び、埋め立てている。
このゴミ輸送時にも、温室効果ガスを排出することを忘れてはならない。

そんなニューヨーク市のゴミ収集マンの年収は想像以上に高く、中には年収が1,000万円を超える人もいる。
また、年金や医療保障なども充実しているため、当然求人募集には応募が殺到するのだが、テストや運転技術などといった多くの適性検査に合格し、雇用されるのはほんのわずかである。
2015年のデータによると、9万人ものエントリーに対し、採用されたのはわずか500人。倍率は1%にも満たない。
ハーバード大学への合格倍率が6%と考ると、彼らがどれだけの「エリート」なのかが分かるだろう。

 ゴミを出すことで、「人もうらやむ雇用」が生み出されているとは、なんとも皮肉なことだ。

ゴミ収集人の年収は1000万円!パリ協定離脱したアメリカからゴミが減らない理由とは
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170612/Harbor_business_142664.html
ヒトガタとかいう深海の怪物
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4922758.html

ごみ
続きを読む

 - 未分類