2chとろける速報

2chまとめ記事の速報を分かりやすくまとめました

「パケ死」ってどんな状態? 昔と今では違う意味に 10年前は「高額請求」、今は……

   

1 レッドインク(宮城県)@\(^o^)/ :2016/09/25(日) 11:16:03.21 ID:VfuiUJEL0●.net
「パケ死」の意味が変わった? 「高額請求」ではなく……

「パケ死」と聞くと、どんな状態が思い浮かぶだろうか?
かつては、「携帯電話でネット(パケット通信)を利用しすぎて、払いきれないほど高額なパケット通信料の
請求を受けること」を「パケ死」と呼んでいた。だが最近は、「月の高速データ通信量の上限を超え、通信速度が
遅くなること」を「パケ死」と呼ぶ人が増えているようだ。

■10年前の「パケ死」とは

「パケ死」という言葉が使われ始めたのは、2000年ごろのようだ。当時、携帯ネットの通信料金は、
「1パケット当たり○円」など従量課金制だった。

短いテキストメールの送受信程度の通信量なら、従量制でも請求額はそれほど大きくならなかったが、
携帯電話のネット機能が急激に進化し、Webサイトの閲覧や楽曲ダウンロード、“写メ”(写真付きメール)の
送受信など大容量データのやりとりが可能になる中で、ユーザーのパケット通信量も激増していった。

03年には、国内で初めてパケット定額制が導入されたが、パケット定額を契約せずに大容量データを
利用したユーザーが月数万円~数十万円の請求を受けるケースが相次ぎ、社会問題化。パケットを
使いすぎ、高額な通信量を請求されることが「パケ死」と呼ばれた。

ITmediaの過去記事を検索したところ、02年には「パケ死」が登場しており、06年には記者も「初めて
パケ死した」という記事を書いていた。


国民生活センターが2007年に出した注意喚起(PDF)より。パケット通信関連の相談件数が03年ごろから激増している

その後、パケット定額制が普及し、端末がフィーチャーフォンからスマートフォンに移行する中で、高額請求で
「パケ死」する人は減り、「パケ死」という言葉そのものもあまり使われなくなっていった。

■今は「月の通信量の上限超え」の意味に

最近は、別の意味で使われ始めているようだ。「動画見てたらパケ死したので、さらに1GB課金した」「今月は
もうパケ死した」――Twitterを「パケ死」で検索すると、こんなつぶやきがヒットする。「月3GB」や「月7GB」など、
契約している高速データ通信量の上限を超えてしまい、通信速度が制限されて遅くなることを「パケ死」と呼んでいるようだ。

つづく
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/23/news086.html



12 垂直落下式DDT(茸)@\(^o^)/ :2016/09/25(日) 11:52:09.06 ID:aiEeOnA30.net
スタビとかの時代か






7 ファイナルカット(芋)@\(^o^)/ :2016/09/25(日) 11:43:53.68 ID:6QNbQ5pv0.net
imodeじゃなくてインターネットでエロサイト見て
2万くらい請求されて親に怒られたな



続きを読む

 - 未分類